外壁塗装で住まいが長持ち!

住いは建てただけで放置しておくと、長持ちしません。
住いを長持ちさせるにはメンテナンスが欠かせません。屋根の張替え、外壁塗装のやり替えなどの外装は、長期的な視点からのメンテナンスが必要です。
小まめな補修が必要なのは内部です。設備機器は特に傷みやすく、水道の蛇口や給湯器、ガスコンロは定期的な交換が必要となります。
住いは時々手をかける事によって使いやすくなり、長持ちします。何度かの改修を経て、初めて自分の住まいらしくなります。

住まいを長持ちさせるメンテナンス、外壁塗装

住まいを長持ちさせるメンテナンス、外壁塗装 外壁塗装のやり替えは、住いの耐久性に直接影響を与えます。外壁の傷みは、庇の出が少ない住宅に多く見られます。
外壁は屋根と並んで外部の厳しい自然環境にさらされる部分です。傷みが目立ってきたら、メンテナンスを考える必要があります。
外壁塗装のやり替えの目安は、塗料の種類によって異なります。アクリル系の塗料は頻繁な塗装替えが必要で、ウレタン系やエポキシ系がそれに続きます。
フッ素樹脂系の塗料は長持ちするので、頻繁な塗装替えは必要ありません。
外壁塗装は、屋根の塗装替えや張替えの時期と合わせることで工事費の節約になります。屋根の塗装替えや張替えを行う場合は、足場が必要になります。
足場を設置するための費用はばかにならず、外壁塗装と兼用することで、工事費を節約することができます。

なぜ外壁塗装をすると建物にいいのか?

なぜ外壁塗装をすると建物にいいのか? 家も10年経ったら外壁塗装をすべきだといわれて、でもまだ雨漏りもしていないし、ただ住むだけなら問題なのではないか、と思う人もたくさんいることでしょう。
外壁塗装には何十万円から何百万円もかかることがありますから、外見だけの問題ならうちは必要ない、と言う方もいらっしゃいます。
しかし実際に外壁塗装をすることで建物の寿命を延ばしているというのは知っておかなければなりません。建物内に水が浸入すると断熱材が湿気を含んでカビが発生します。
また湿気を含んだ木材は白蟻を呼ぶのです。雨漏りはこういう二次的被害を誘発するので、それを外壁を塗装して防水加工することで阻止するわけです。
壁は日々、太陽の熱や砂を含んだ風や雨露からの攻撃を受けているので、ある程度の期間がたてば補修と保護をするようにしないと家の内部までもがどんどん傷んでくるのです。
一度傷んでしまったら、次は塗装さえすれば大丈夫ということにはなりません。壁をはがして内側を検査するなどの大掛かりな工事が必要になってしまい、工事費も更に上がってしまいます。
10年ごとに壁を補修、保護するというのは、メンテナンスで不必要にお金がかからないようにするための知恵なのです。

外壁塗装に関する情報リンク

東京を中心とした外壁塗装・リフォームの施工会社のサイト

外壁塗装 葛飾区